今週(4月2日)の「暗号通貨とは」のキーワードは短期売買関連のキーワードが上昇

ヤフーの検索で今週の検索上位は下記のキーワードとなります。

3月26日の週との検索順位の変化は、「暗号通貨 cci」「暗号通貨 暴落」がランクアップしました。

「暗号通貨 暴落」がランクアップする背景

「暗号通貨 暴落」がランクアップする背景は、コインマーケットキャップ のサイトで確認しても分かる通り時価総額が下がり続けているからです。
バイ・アンド・ホールドより短期売買のニーズがアップしていると推測出来るのでもう一度ビットコインのデイトレを考えて見ます。

ビットコインのデイトレは投資機会はある

ビットコインの価格とATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)のグラフを確認すると、
1日当たりの平均の変動額は10万円程度あり十分に投資機会があります。

ビットコインFXではスワップポイントに注意

為替の証拠金取引(FX)では、スワップポイントは金利の高い通貨を買って金利低い通貨を売れば
スワップポイントが毎日貰えて、反対であればスワップポイントを毎日支払うことになります。
ビットコインFX(証拠金取引)では買いでも売りでも1日0.04%程度のスワップポイントを支払うことになります。1年間で14.6%にもなるのでビットコインFXでは短期売買のみにすべきです。

ビットコインスキャルピング手法

国内取引所の価格と売買スプレットいなごFlyer(いなごフライヤー) の組み合わせが有効です。
スキャルピングのポジションの取り方としては、スプレットが縮小した後に価格を動いた方にポジションを取るのがシンプルな方法です。いなごFlyer(いなごフライヤー)と同時に立ち上げておけば音で動き出しが良く分かります。48時間で5回くらいのポジションの機会となります。スプレットが開きが始めた時にポジションが逆であればロスカットです。

 

まとめ

①ビットコインは下落トレンド中である。
②ビットコインFX(証拠金取引)では買いでも売りでもスワップポイントを支払わなければならない。
国内取引所の価格と売買スプレットいなごFlyer(いなごフライヤー) の組み合わせが有効である。

ビットコインFXを提供している業者の設定では最大25倍もありますが、2倍以下の設定で取引することをお勧めします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で