・取引の正しさを検証してビットコインで報酬をもらうのがマイニング


ブロックチェーンシステムの正確な機能を支えるために欠かせないのが
トランザクションの承認です。


トランザクションというのは、ビットコイン上で新しい取引が成立した際に
その取引が正当なものであることを証明するために作られる新しいブロックが
正しいものであるかどうかを検証する作業です。



この作業には不特定多数のユーザーが参加して複雑な計算を行うことによって検証します。



当然この検証には高性能なコンピューターや電力などが必要になりますので
検証に協力した者には、報酬支払い用としてプールされているビットコインや
取引のたびにユーザーから徴収している送金手数料などから
ビットコインによる報酬が支払われます。



こうした報酬を目的にトランザクションの承認作業に加わることをマイニング(採掘)と言い
2018年現在では多くの企業や個人がビジネスとして参加しています。




色々な仮想通貨によってトランザクションの検証をする方法は異なり
それによってマイニングの呼び方や報酬の支払い方法も違ってくるのですが
一番基本的なシステムであるビットコインのマイニングについて良く知っておくことで
他の仮想通貨のシステムもすっきりと理解できると思います。









・ビットコインのマイニングが巨大ビジネスまでになった経過



初期の頃はビットコインも取引量が少なかったため
個人のコンピューターでマイニングすることもできました。



ところがマスコミなどで騒がれたり、利便性によってビットコインの市場価格が上昇すると
ビジネスとしての旨味が出てきたため大きな設備を投下する資本家が現れ出しました。
その代表格が中国のジハン・ウー氏を始めとする若手の新興企業家たちです。



マイニング事業で利益を出すためには高性能のCPUやGPU(グラフィックボード)と
単価の安い電力が大量に必要になるため
広い土地と安いエネルギー資源が豊富な中国が有利だったのです。



ビットコインのマイニングの場合は
最初に正解に行き着いたマイナー(採掘者)だけが報酬をもらえるために
一部の大組織だけに独占されていくという経過になっています。











・現在のビットコインのマイニングの問題点




初期の頃はビットコインのマイニングも大変うまく機能していました。
ビットコインは10分に1回新しいブロックチェーンが生成されるのですが
それも当初は送金時間としては「速い」と感じられていました。



ところが混雑している小売店舗のなどで使われるようになると
10分も待たされるのは「遅い」と言われるようになりました。
また、ビットコインが世界中で大勢の人に使われるようになると
マイニングが追いつかなくなりトランザクションが滞るようになりました。
(数時間から場合によっては数日の遅れが発生しています)




このトランザクションの遅れの問題の行き詰まりを解決する方法をめぐって
ビットコインの開発者側と大手のマイナーの間で議論が紛糾した結果
2010年8月にはハードフォークによってビットコインキャッシュが生まれ
世界中の投資家の注目を集めるという事態にもなりました。










・個人でお金を儲けるという観点から見た場合のマイニング



個人でマイニングに参加するのは規模が足りないために難しいと書きましたが
まだそれほど流通量が多くない仮想通貨であれば個人でもマイニングが可能です。


また、規模の大きな仮想通貨でも以下の二つの方法で参加することができます。



1つ目はマイニングプールと言って、中心的な主催者の元で小規模なユーザーたちが
自分たちのコンピューターのマシンパワーを集結させて
1人1人は非力だけれども全員分の機材で大きな力を作り出して
全員で協力して得た報酬を分け合おうというシステムです。



2つ目はクラウドマイニングと言って、主催者が全ての機材で電力を用意して
一般のユーザーは費用だけを投資して、主催者がマイニングで得た利益の中から
資金を投資したユーザーに対して配当金を出していくというものです。


ただし通常のマイニングにせよ、プールにせよ、クラウドにせよ注意が必要なのは
損失を出す場合も往々にしてあるということです。
マイニング自体には投資金は必要ありませんが
効率よくマイニングを行うための高性能なグラフィックボードを用意したり
ランニングコストとして電気代などが必要になります。



特にクラウドマイニングの場合は
投資金だけを集めて実体がないという詐欺がが横行していますので
参加する場合には事前に入念なチェックが必要です。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で