2017年8月、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)から
ハードフォークして生まれました。



ここではハードフォークというものの意味や経過から始めて
BTCとBCHの基本的な違いを、価格の変動も含めて見て行きたいと思います。



何故BCHはかなり後発であるにも関わらず市場で重要視されて高騰したのか?
その背景にも触れていきます。



ブロックチェーンについての初歩的な知識は本稿の該当箇所を参考になさって下さい。










・そもそもブロックチェーン仮想通貨の「フォーク」とはなんでしょうか?



フォークとは分岐のことです。
同じ語源である食事で使うフォークを連想して下さい。
簡単に言えば、ある一つの仮想通貨が二つに分かれることです。



ここでちょっと注意が必要なのは
ソフトフォークは、最終的には分岐はしないということです。
ざっくりといえばソフトフォークは同じ銘柄内のアップデートだと思ってください。
開発者やマイナーがほぼ合意のもとでプログラミング上の修正が行われるため
一旦分岐した後で一つに統一されますので、「ソフト」なフォークだというわけです。


ハードフォークの場合は、BTCとBCHの場合のように仮想通貨が分岐して
その後は別の銘柄として扱われて行く場合はハードフォークです。
(ハードフォークしても銘柄が分岐しない場合もありますが、話をわかりやすくするためにここでは割愛します。)


分岐して決裂したままになるから「ハード」なフォークだというわけです。
ではなぜBTCとBCHはハードフォークしたのでしょうか。









・ビットコイン開発者とマイナーの主張が相容れなかったため2つに分裂した


本家のビットコインは他の仮想通貨と比べると格段に送金頻度が高くなっていたため
最初の頃には感じなかった送金の遅延が問題視されるようになりました。
それと共に高速処理の手数料を払えば素早く処理をしてもらえる機能を使うことも多くなり
送金手数料が莫大な金額になっていました。



この2つの問題を解決しようということで開発者たちは
Segwitというデータ圧縮技術をビットコインに取り入れることを決定します。
ただこのSegwitを導入すると取引端末の改良などが必要になるため
新たなコストが発生することもわかってきました。



ここに、従来の開発者=Segwit導入派=BTC派
大手マイナー=Segwit否定・ブロックサイズ拡大派=BCH派
とに別れて意見が戦わされました。



ブロックサイズ拡大派は、Segwitでは将来的な送金量の拡大にも対応しきれないとして
ブロックチェーン上で一度に送るブロックのサイズを大きくすることによって
シンプルに問題を解決できるというSegwitにによる圧縮不要論です。



これに加えて大手マイナー達を激怒させた決定的な問題は
Segwitを導入するとマイニングの際の利潤が減ることでした。



上記の大手マイナー企業の代表格が中国のジハンウー氏で
彼は「ビットコインキャッシュこそが本物のビットコインである」とまで言い切ります。



企業も個人も含めて大規模マイナーは全て真剣なビジネスですから
ある日突然利益を大幅に削られるような大幅なアップデート(Segwit)を告げられたら
なにがなんでもこれを阻止しようとするのは当然ですね。










・今後のビットコインキャッシュの市場価格の将来性




BCHはBTCを改良して作った仮想通貨ですから、原則的には様々な性能でBTCを上回っています。



特に目立っているのは、1回に送受信できるブロックサイズを8倍にしたことですが
プログラミング上でこれはさらに32倍にまで増やすことができます。



また、マイニング難易度の調整機能も新しく実装したために
マイナーにも魅力のある仮想通貨になりました。



実際に、2018年4月現在で時価総額4位にまで浮上していますから
投資家からの期待度はかなり高いといえます。



機能の面ではほぼ上位互換である以上
今後BCHがBTCのシェアを蚕食するようであれば
価格の面でも取って代わる可能性は高いと言えるでしょう。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で