Lisk(リスク)は2016年にCryptiという仮想通貨からフォーク(分岐)して作られたアプリケーションプラットフォームです。



本来の縦一本型のブロックチェーンだけではなく
サイドチェーンといういわば脇の鎖を使うことによって
利便性やセキュリティを高めています。



イーサリアムなどと同じように通貨としての機能だけではなく
契約全体を統合して管理できるようなスマートコントラクト機能を併せ持っていますが
それをこのサイドチェーンを使って行なっているところが非常に新しい点です。



2018年初頭の時価総額はまだ全体の20位ですが
日本国内の業者でもビットフライヤーなどが取り扱っていますので
日本人にとっては親しみやすい仮想通貨と言えます。



Liskの特徴を一言でまとめると、新技術の山盛りということになりますので
大きなものから順に触れていきたいと思います。




・低コストで処理を複雑化したり高速化したりできるサイドチェーン




通常のブロックチェーンは縦一列に情報の塊を鎖のように繋いでいるのですが
Liskの場合は本来の一つ一つの塊からまた脇に鎖を派生させることが出来ます。



このサイドチェーンの使用によって本来のブロックチェーンの中身を変えることなく
スマートコントラクトに使う情報を増やしたり
トランザクションを高速にしたりすることができます。



またハッキングを受けた場合、被害にあったサイドチェーンだけを捨てることによって
システム全体への攻撃を最小限に抑えることができるというメリットもあります。











・取引の安全性と高速化を両立させた承認システム=フォージ(鋳造)




一つの取引が完了し新しいブロックチェーンが作られ、その正当性が承認される過程は
ビットコインであればマイニング(採掘)と呼ばれますが
Liskの場合はトランザクション承認の報酬は常に新しいコインが作られて支払われるため
フォージ(鋳造)と呼ばれて区別されます。
また、Liskには発行枚数の上限規定はありません。



ビットコインのマイニングのように誰でも参加できるシステムだと
民主的で非中央集権的という点では優れていますが
トランザクションごとに非常に時間がかかってしまうという弱点もあります。



Liskはこの点を改良して
まず最初に101人の承認者を安定的なユーザーの中から投票で選び
この101人を上限として承認を行うことによって取引を高速化させることに成功しました。





・世界中の開発技術者が気軽に参加できるJavaScriptによる設計




Liskとイーサリアムは単なる仮想通貨としてではなく
スマートコントラクト技術を使って契約全体を統合できるという共通した特徴でよく比較されます。



そしてLiskが他の大多数の仮想通貨よりも圧倒的に優れている点は
開発言語がとても汎用性の高いJavaScriptであることです。



例えばイーサリアムであれば特有の開発言語を使ってプログラミングが記述されているので
まずイーサリアムの開発に携わるためにはその特有の言語を学習しなければなりません。



それに対してLiskの場合は世界中で汎用性の高いJavaScriptによって書かれているので
開発技術者が改良に参加するハードルが非常に低いのです。



大勢の技術者が参加すればそれだけLiskの性能も向上していきますので
当然、流通範囲や市場価格も上がっていくと予想されます。










・Liskの今後の成長力や市場価格の将来性など


スマートコントラクト技術によって仮想通貨としての使い道以外にも道が開けていて
なおかつ、開発言語がJavaScriptであることによって未来が明るいと言えます。



目玉としてはやはり
マイクロソフト社がWindowsAzureのプラットフォームとしてLiskを採用し
約20億円を投資したことでしょう。



Liskは世界中の多様な技術者が参加できるプラットフォームであり、また
マイクロソフト社の技術者の眼鏡にかなう性能を持っているということで
投資家の目線で見ても将来性の高い仮想通貨だと言えます。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で