ビットコインから始まった暗号通貨の投資ブームは
2018年初頭の大暴落を経て新しい段階に入りました。


そして通貨以外の様々な使い道を兼ね備えた物や
通貨としての機能がこれまでのものとは桁違いに優秀な物なども出揃ってきました。



使い道が多様になるとともにICO(暗号通貨を使った企業の資金集め)も盛んになり
開発者がホワイトペーパー(事業企画書)を公表する動きも活発です。


そういったことを前提にした上で、今後の暗号通貨での稼ぎ方について考えてみたいと思います。







・そもそも、今後も暗号通貨で稼ぐことができるのか?




これも度々本稿で触れている事ですが、暗号通貨の歴史はこれから始まります。



2018年前半までの市場では
序章としてのビットコインの大暴騰と暴落が起こっただけですから
暗号通貨全体の本格的な投資対象としての出発は全てこれからなのです。


暗号通貨のリアルな社会の中での決済や送金の技術としてはまだ実験段階です。
そしてブロックチェーン技術を使った多様な暗号通貨は
これから産業の各方面で重要な社会インフラとして発展していきますから
乱暴な言い方をすれば有望な銘柄を全て買っておけば誰でも稼げてしまうでしょう。


もちろん、闇雲に買ってしまっては利益を出すことなどできませんが
丁寧に情報収集を繰り返せば誰でも勝てるというのも間違いではないと思います。




・リスクを避けて伸びしろがあるコインを選ぶことが重要です


暗号通貨のほとんどは今はまだリアル社会での実用化に至っていません。
ですから個々のコインの使い道をよく理解した上で将来性を確認していけば
価格の伸びしろの多いコインを探すのはそう難しくはないはずです。



リスクを避けるとは、開発者の素性やコインの目的がはっきりしない暗号通貨には手を出さないということです。
自分がその暗号通貨を使う立場になってみて「なるほど便利だ」と思えるようなら合格ですし
腑に落ちないようならスルーしたほうが良いでしょう。


上述したように暗号通貨の相場取引はまだ始まったばかりです。
焦ることは全くないのでゆっくりと腰を据えて
自分の納得のいくコインを少しずつ見つけて買っていけば良いのです。




幸いなことに現在では、取引所のコンテンツや個人のブロガーさんなども
積極的に情報を発信していますので情報を集めるのは容易だと思います。










・資金のショートというもう一つのリスクを避ける


取引をしている暗号通貨の将来性が乏しいと利益が見込めないというリスクもありますが
それ以上に怖いのがボラティリティ(値動きの荒さ)による元金の目減りです。




FXや株取引を経験済みの方ならすぐに気づくことですが
暗号通貨は凄まじく値動きが激しいですから、かなり注意が必要です。



具体的にはシェア1位のビットコインの価格が10%動くこともザラです。
為替の世界でシェア1位の米ドルが連日のように対円で10円動くなどありえませんから
いかに暗号通貨の売買取引のボラティリティが高いか分かります。



現実問題として2018年初頭の大暴落の際にはほとんど全ての暗号通貨が50%以上下落しましたので
常にその程度の下落は想定に入れておくべきでしょう。



不用意に大きなレバレッジをかけたせいで
相場の予測は当たっていたのに値動きの波で元金がなくなってしまったということもよくあることです。



レバレッジ無しで取引をする場合は元金がなくなってしまうということは起こりにくいですが
もしもレバレッジをかけて取引をする場合は、前もって必ずシュミレーションをしておくことが必須です。



仮に5倍のレジバレッジをかけたとすると、2日連続で10%下落したら元金は全てなくなります。
現状の暗号通貨の相場ではレバレッジは大きくても2倍までと考えておいた方が良さそうです。









・リスクを避けてしまえば後に残るのは利益だけです



前述したように暗号通貨はこれから伸びていく存在ですから、基本的には放っておけば利益を産んでくれる可能性は高いです。



開発意図や使い道がよくわからず埋もれてしまう暗号通貨は避けること
取らぬ狸の皮算用で高いレバレッジをかけないこと

この二つに注意しつつ、自分自身の目で売買する暗号通貨を選んでいけば利益を出しやすいのではないでしょうか。



これから暗号通貨が世界中に広まることによって人類が受ける利益は莫大なものになります。
そのぶん暗号通貨の売買取引で稼げるチャンスも多いはずです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で