ビットコインを初めとして今世界中で使われている仮想通貨のほとんど全ては
ブロックチェーンという技術によって取引の安全性が確保されています。


当サイトでも繰り返し述べられているように
ビットコインが仮想通貨の元祖であり最大の流通量と最高の価格を持っているのは
世界で初めてこのブロックチェーン技術を実用化して
電子によるデータをお金として扱う上での技術革命を起こしたからです。


ですから、仮想通貨を投資対象として上手く取り扱って利益を出して行くには
このブロックチェーン技術に対する理解が不可欠なのです。


ブロックチェーン技術は言葉や数式で説明するとややこしいのですが
働き全体を一つの生き物のように捉えてイメージするのは簡単ですので
誰にでも容易に理解できると思います。


以下、ビットコインを例にとってイラストを使って説明していきます。


尚、投資に必要な知識に絞っていますので
細部の技術的な問題は省略していることもお断りしておきます。




・取引データはどこに保存されているのか?



ブロック=情報の塊
チェーン=塊と塊の連結部分
上のイラストで言えば四角い部分がブロックで、右に突き出した丸い部分がチェーンです。


この縦に細長い棒状の連結された鎖(ブロックチェーン)がインターネット上を行き来しています。
この連結された鎖の中には過去のビットコインの取引の情報全てが収められています。


この例で言うと一番右の青いブロック(塊)が一番新しい取引情報だと思ってください。
そして、どこかで誰かが新しい取引を行うと
その情報が一番右の青いブロックのさらに右に重ねられていきます。



取引の情報データなどというと莫大な量を想定してしまいますが
お金の取引というのは所詮は数字の羅列のみなので
情報量としては我々が普段見ている動画や画像などと比べると微々たるものなので心配はありません。




・取引が正確に行われているかどうかは誰が判断しているのか?


ブロックチェーンによる取引保存方法で一番重要なメカニズムは
新しい取引が行われて一番右側のブロックに新しいブロックが重ねられる(チェーンされる)時です。


例えばビットコインならば2009年の出発時に最初は一つだったブロックに
一つずつブロックが重ねられて今の形になっているわけですが
実はブロックが重ねられるごとに参加者によって正しいかどうかの判定が行われています。


この取引の正誤判定のことを一般的に「トランザクションの承認」などと呼びますが
この承認作業にはアカウントさえ持っていれば誰でも参加することができます。


世界中の不特定多数の人間のコンピューターによってビットコインの取引の正確さが保たれているというわけです。



・承認作業に作業報酬を出すことによって常に正しい取引が保証される


この承認作業はコンピューターによる複雑な計算を必要としますので、もちろん報酬無しでやる人はいません。


そこでビットコインの場合は最初に正しい計算結果にたどり着いとユーザーに対しては
取引手数料と未発行コインの中から一定額の報酬がビットコインより支払われます。


これがマイニング(採掘)という作業です。


そして一番最初に計算結果にたどり着いたユーザーの出した計算結果が正しいかどうかは
2番目以降に計算結果を出したユーザーたちの多数決によって判定されます。



ですから仮にデータを書き換えて盗もうとする悪人が一番最初に計算結果にたどり着いて
自分に有利な数値に取引データを改竄しようとしても
後続のユーザーたちの計算結果によって覆されてしまうので悪人はマイニングから弾かれてしまうのです。







・お金のやり取りだけに止まらないブロックチェーン技術と仮想通貨の未来


以上のようにブロックチェーン技術は
お金のやり取りに関してデータの保存と更新に技術革命を起こしました。


そしてビットコインが発表されて何年か後になると
ブロックチェーン技術をもっと広い使い道、お金以外の契約全体を記録するなど
ビジネスシーンでの応用を押し進める流れが強くなってきました。


シェア第2位のイーサリアムはそうした発想の中で生まれたのです。


また、仮想通貨自体の使い道も支払いや送金だけに限らず
企業が資金集めをする際に株式の発行に代わって
会社のアルトコインを発行(IOC)するなど新しい使われ方が続々生まれています。


投資に興味がある者としては目が離せない分野です。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で