2017年までの仮想通貨取引は「億り人」という言葉で象徴されるように、話題性とギャンブル性が先行した投機市場でした。

ワンチャンスで数十倍数百倍という差益が当たり前の、もちろんその逆の大損も当たり前の荒波の海だったのです。

しかしそんな無茶な市場にも終わりが来ました。

2018年1月26日、日本の某社の取引所から約580億円という前代未聞の金額のNEMがハッキング盗難により流出し、世界中の相場全体を大暴落させました。

2018年3月現在でもほとんど全ての仮想通貨相場の価格は最高値の50%以下に低迷しています。

では、この困った事件によって仮想通貨は将来性のないものになったかというと、それは全く逆です。

低迷したことによって仮想通貨の将来性の明るさの真の姿が浮かび上がってきました。
その理由について以下説明していきたいと思います。





・市場参加者が仮想通貨の役割に注意して投資をするようになった


NEM流出事件が起きるまでは、まだ一般に仮想通貨の本質であるブロックチェーン技術がよく理解されていなかったこともあって、仮想通貨と言うと一発勝負のイメージが持たれていました。

流出事件を起こした会社のCMなどは、取引に対する説明なども一切せずにお笑い芸人がひたすら万歳を連呼するような内容のものでした。
今考えるとちょっと恐ろしい感じすらしますね。

ところが580億円という信じられないような大金がインターネット上で簡単に盗まれたことによって、世界中の仮想通貨バブルによるお祭り騒ぎは冷水を浴びせかけられました。

そして皮肉なことにこの事件をマスコミが大々的に扱うことによって、ブロックチェーンの技術や各々の仮想通貨の持っている便利な機能などにスポットライトが当たるようになってきました。

今までは目の前の価格が上がるか下がるかで判断されていた仮想通貨が、メカニズムが優秀かどうかによって語られるようになってきたのです。

つまり、今までギャンブルだった仮想通貨市場が、株取引や為替市場と同じように常識的で健全なマーケットに向かい始め、安定的に利益を確保できる投資としての将来性に光が見えてきました。





・決済手段に採用されるかどうかが仮想通貨の出世の分かれ道



仮想通貨も現実のお金と同じで「決済手段」と「投資対象」という大きな2つの役目があります。

現実の日本円や米ドルなどの主要通貨は、ほぼ100%世界中で通用します。

これは日本やアメリカの経済力が世界の中でも特別優れているからであって非常に分かりやすい構図です。

日本円を持っていればジンバブエドルを持っているよりも良質で多くの種類の物と交換できるので皆が欲しがって、FXでも需要が高く当然高い価格がつけられます。

そして2018年3月現在の今、仮想通貨市場で日本円の位置にあるのが流通額上位のビットコインやイーサリアムやリップルです。
(この上位3者で仮想通貨シェアの約80%)

現実のお金と話が違ってくるのは、これらの上位の仮想通貨が他に対して能力で優れているかと言うと全くそんなことは無いというところです。

むしろ送金スピードやセキュリティの高さなどの性能ならば、後発の仮想通貨の方が優れている物もたくさんあります。

ではなぜビットコインは高シェアと高価格を維持してトップの座に君臨しているかと言うと、一番早く使われ出したために今でも一番多くの小売店やATMで使うことができるからです。

つまり仮想通貨には価値を保証する主体がいないために「現実に流通しているかどうか」が最も重要な価格の尺度になるのです。

ですから、仮想通貨の開発者は主に金融機関に対して決済手段などに使ってもらえるようにマーケティングをするわけです。
具体的には3位のリップルは全世界に送金網を築き上げつつあります。

その他ではクレジットカード会社や通販サイトなどを使って取扱量を増やそうという戦略もありますし、大いにしのぎを削っています。

2017年までは市場価格にだけ注目されていた仮想通貨ですが、2018年後半以降は仮想通貨取引といえばまず決済手段先のチェックというのが常識になっていくでしょう。





・今後の仮想通貨市場の流れ


2018年3月現在の仮想通貨相場は暴落後であることもあって値動きがかなり落ち着いています。

しかし投機対象としては散々話題になった仮想通貨ですが、本来の金融の新技術としてはまだまだ活用されていません。

機能が優れている仮想通貨はこれからも色々な場面で、世界中の取引を低コスト化して便利な物にしていくでしょう。

ですから投資の将来性という点では、仮想通貨市場はやっとヨチヨチ歩きを始めたというところです。

以前のように「ボロ儲け」とは無縁になるかもしれませんが

地道に銘柄の調査を進めることによって着実に利益を上げられる有望な投資市場になるものと期待しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で